ダンボール家具、ゆりかご、知育・収納家具グッズのネット通販 トーレーショップ

お母さんの声から生まれました
  • ベビーグッズ
  • ジュニアグッズ
  • 知育グッズ
  • ダンボール・机・イス
  • 組み合わせセット
  • 雑貨・その他
 

トレリンコラム

0歳から始めますか?幼児英語教育のメリットとデメリット


語学の習得は早ければ早いほうがいいと聞いて生まれて間もない頃から英語教育を始めるお母さんやお父さんが増えています。その一方で早期の外国語教育は危険だという専門家もいます。実際のところはどうなのでしょう。

親としてはどうしていいか迷ってしまいますよね。そこでここでは小さいころから英語を学ぶことのメリットとデメリットについて説明します。

幼児英語教育のメリット


幼児英語教育のメリットはやはり成長期に英語を聴かせることで英語耳を育てることができることでしょう。幼児期はあらゆる器官がものすごいスピードで成長をしていきます。この成長が緩やかになる10歳前後までに英語教育をすると乾いた土に水をかけるようにあっという間に染み込んでいきます。

そして小さいころから英語を聞いていると英語に対する苦手意識がなくなります。いきなり小学校や中学校で英語に向き合うと身構えてしまいますが、小さいころから英語に触れていると自然と学校での英語教育に馴染むことが出来ます。

幼児英語教育のデメリット


日本語がまだ身についていないうちに外国語教育を行うと、日本語の習得に支障が出てしまうことがあります。ある程度の年齢になって日本語をきちんと話せるようになってからであれば問題はないようですが、それも子どもにより差があるので「いつから」を決めることは判断が難しくなります。

そして何よりも時間とお金をかけて英語教育を行ったのに成長してみると何も身についていなかったということがほとんどです。語学は継続が最も重要なのです。一度やると決めたら、親も一緒になって勉強するつもりで継続して取り組みましょう。

「させる勉強」にしないことが大切


子どもに英語教育を行う家庭のほとんどがお母さんやお父さんが英語に苦しんだ過去があります。自分と同じ思いをさせたくないという思いから英語教育をしているのでしょう。ただし、その思いが強すぎると「させる勉強」になってしまいます。

幼児期に「させる勉強」を行っても子どもは退屈するだけでなく萎縮してしまうこともあります。子どもをのびのび育てたいのであれば無理な教育は禁物です。絶対にエリートに育てたいのであれば親もそれなりの覚悟で向き合う必要があります。

まとめ

外国語教育には賛否があり何が正解なのかはわかりません。もちろん大人になって英語が話せるというアドバンテージは非常に大きいものがあります。でもそのアドバンテージを得るために大切なものを失っては意味がありません。

無理に英語を学ばせるのではなく、子どもたちの遊びの一環として英語を取り入れるぐらいの気持ちで初めてみてください。

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ