ダンボール家具、ゆりかご、知育・収納家具グッズのネット通販 トーレーショップ

お母さんの声から生まれました
  • ベビーグッズ
  • ジュニアグッズ
  • 知育グッズ
  • ダンボール・机・イス
  • 組み合わせセット
  • 雑貨・その他
 

かんたんトイレ(トイレ本体、消臭凝固剤20個、ビニール袋20枚)

価格: ¥2,916 (税込)
[ポイント還元 29ポイント~]
数量:
在庫: 在庫あり

返品についての詳細はこちら

かんたんトイレ


災害発生時や渋滞でも安心のダンボール製かんたんトイレ

高速道路で渋滞にはまったとき、子どもがトイレに行きたいと言い出して困ったことありませんか?なんとかガマンさせて、次のサービスエリアに間に合ったならいいですが、また同じようなことが起きるかもしれないと思うと、帰省ラッシュがある時期などに高速道路を利用するのをためらいますよね。

 

そんなときにおすすめしたいのが、当社で製造販売しているダンボール製の「かんたんトイレ」です。簡易的なポータブルトイレでいいのでは?そう思うかもしれませんが、かんたんトイレにはポータブルトイレにはないメリットがあります。なぜおすすめなのか、その理由を詳しく見ていきましょう。

 

震災などの自然災害で浮き彫りになったトイレ問題

 

東日本大震災や九州や北海道で発生した大きな地震。さらには台風の影響による停電などで問題になったのがトイレをどうすればいいのかということです。電気や水道などのライフラインが止まったとき、本当に困るのはトイレが使えないということです。

 

災害発生直後は避難者数が多いので、避難所の便器の数が足りなくなる可能性が高く、なおかつ仮設トイレが被災地の避難所に3日以内に到着する自治体は約1/3しかありません。66%は3日経過しても仮設トイレが設置されません

 

設置されても多くの人が使いますので、あっという間にタンクがいっぱいになってしまいます。ペットを飼っているので、避難所じゃなく自宅の庭などで避難しているという場合には、トイレそのものがありませんよね。

 

地面に穴を掘ってトイレにするという方法もありますが、それが数日続くとなると少し無理があります。結果的に、人の目につかない場所ですませてしまうということになりますが、それはそれで不衛生です。

 

きれいなトイレがないために、トイレの回数を減らそうとして食事や水分の摂取を減らす人もいましたが、その結果、脱水症状やエコノミー症候群などの様々な健康障害を引き起こすきっかけとなっています。何よりもしっかり食べないと気持ちが弱ってしまいますよね。

 

少なくとも仮設トイレが避難所に設置されるまでの3日間の衛生環境を守り、体調を崩さない為にも様々な方法でトイレ環境を整える必要があります。

 

そのために大事なのが簡易トイレを自分で用意しておくということです。家にある防災グッズの中に簡易トイレを用意している人はどれくらいいるでしょう?もしかしたら、トイレのことなんて考えたこともなかったという人もいるかもしれません。

 

そういう人も、自然災害発生時に簡易トイレがどれだけ重要なことなのか分かってもらえたかと思います。

 

市販されている非常用トイレの選び方

 

ここまでの説明で非常用トイレがあれば、災害が起きたときや高速道路で渋滞にはまったときなどに便利だということは理解してもらえたかと思います。ただ、いざ非常用トイレを選ぶとなるとどれを選んでいいのか分かりませんよね。

 

市販されている非常用トイレにはいくつかの種類があります。

 

・ハンディタイプのパックに排泄するタイプ

・既存の便器にビニール袋を設置して排泄するタイプ

・簡易おまるにビニール袋を設置して排泄するタイプ

・簡易洋式便器にビニール袋を設置して排泄するタイプ

 

ハンディタイプの非常用トイレはオシッコ用ですので、用意しておくと便利ですが大便用には使うことができません。また、既存の便器を使うタイプも、そもそも便器が使えないケースなどには役に立ちません。

 

また、災害時のトイレ使用は、普段以上に衛生面の配慮が必要になります。 清潔な環境を維持する事で、ノロウィルス感染症など二次被害を抑制する事ができます。

 

避難先でこのような環境を整えるには、簡易おまるか簡易洋式便器もセットになったものが理想的です。ただし簡易おまるの場合は、まわりに掴まるところがないと、姿勢を維持できない人が増えていますので、簡易洋式便器を使った非常用トイレのほうがおすすめです。

 

ダンボール製の「かんたんトイレ」を使う4つのメリット

 

非常用トイレのニーズが高まったことから、多くのメーカーが簡易トイレや非常用トイレを販売していますが、使い勝手のいいものとなると選択肢が限られてしまいます。

 

非常用だから仕方ないという考え方もありますが、ダンボールメーカーである弊社なら非常時のトイレの不安をもっと解消できるのではないかと考え、非常用トイレの開発を行いました。そして完成したのが、この「かんたんトイレ」です。

 

弊社の「かんたんトイレ」には大きな4つのメリットがあります。

 

・簡易洋式便器なのでトイレで落ち着ける

組み立てがとても簡単

・使わないときにはコンパクトに収納できる

・ダンボールならではの圧倒的な安さ

 

それぞれのメリットについて、もう少しだけ詳しく説明していきます。

 

簡易洋式便器なのでトイレで落ち着ける

非常用トイレは簡易洋式便器のほうがいいとお伝えしましたが、「かんたんトイレ」はもちろん水のいらない簡易洋式便器で、椅子に座る形で用を足すことができます。このタイプであれば足腰が弱ってきた高齢者でもつらくありませんし、何よりもいつもと同じスタイルですので落ち着きます。

 

トイレは普段からリラックスできる空間ですよね。非常時だからこそ落ち着ける場所を確保してもらいたいという想いから、簡易洋式便器を採用しています。もちろんダンボールですので強度も十分にあり、100kgの人が座っても壊れない構造になっています。

 

組み立てがとても簡単

組み立てに必要な時間はたったの3分!段ボールを組み立てたら、あとは商品についているビニール袋をさっとかぶせ、消臭固化剤をポイッと投入するだけでOKです。簡単組み立ての丈夫なトイレが一瞬で完成します。

 

使わないときにはコンパクトに収納できる

簡易洋式便器タイプのトイレは他のメーカーからも出されていますが、その多くがプラスチック製で既存の便器の形をしています。いくら便利だからといって、そのままの状態で車に積んでおくことはできませんし、非常時に持ち出すのも大変です。

 

「かんたんトイレ」はダンボールですので、普段は折り畳んだ状態で収納可能です。コンパクトで場所を取りませんので、車のトランクに入れておくことも可能です。組み立ても簡単で、たった3分でトイレとして使える状態になります。

 

ダンボールならではの圧倒的な安さ

驚くのは「かんたんトイレ」の価格です。なんと本体セットは税抜で2,700円です。便器本体に消臭凝固剤とビニール袋が20枚(大人の約3日分)がセットされていて、この価格です。たった2,700円で、いざというときの安心を買うことができるわけです。もちろん、 消臭凝固剤とビニール袋の追加購入も可能です。

 

このような非常用トイレは、各家庭に1個は用意してもらいたいということで、お求めやすい価格に設定してあります。ぜひ購入していざというときのために備えておいてください。

 

簡易トイレ以外の備品も合わせて常備しておこう

 

非常用トイレがあれば、交通渋滞も自然災害もトイレを心配しなくてよくなります。その安心を「かんたん」に手に入れることができ、そして「かんたん」に使うことができるのが弊社の「かんたんトイレ」です。

 

ただ、このトイレ単体では衛生的なトイレ環境とは言えません。衛生管理をしっかりするためには次のポイントを抑えておきましょう。

 

・手洗い水の確保と手洗いの徹底

・体育館などの室内トイレでは専用の履物を用意する

・便袋(ビニール袋)を使用する場合は汚物処理の方法を徹底し汚物の保管場所を確保する

・便袋(ビニール袋)の保管はできる限り雨水で濡れない場所を選択する

 

さらに、衛生管理をきちんと行うために、次の備品も揃えておきたいところです。

 

・トイレットペーパー

・生理用品

・ペーパー分別ボックス

・サニタリーボックス

・ウェットティッシュ(手洗い不可の場合)

・消毒用アルコール

 

アウトドアで使う更衣室テントも購入しておくことをおすすめします。更衣室テントなら外から見られることもありませんし、トイレ空間としてはちょうどいいサイズです。2,000円くらいから購入できますので、合わせて常備しておきたいところです。

 

簡易トイレとテント、そして上記の備品があれば、もう非常時のトイレについて頭を悩ませることもありません。災害時や渋滞時以外でもレジャー、キャンプなどのアウトドアなどに役に立ちます。どちらもコンパクトに収納できますので、車のトランクにでも積んでおきましょう。

 

<引用・参考文献>
平成28年4月内閣府(防災担当)避難所におけるトイレの確保・管理ガイドライン

他にもこんな商品があります

かんたんトイレ(消臭凝固剤・ビニール袋 各10セット)

¥1,620(税込)

数量:

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ